HOME» 行事・生活» 芸術鑑賞会

芸術鑑賞会

 創立以来毎年行われてきた本校の伝統行事で、古典芸能、演劇、音楽の3つのジャンルの中からローテーションで一つを選んで行われています。(平成25年度までは文化行事と呼んでいました。)
 一年に一度の行事ですが、生徒達にとっては、教室での授業とはひと味違った文字通り文化的な時間を過ごすことができる時間です。

 平成30年度 演劇(パントマイム)
 10月25日(木)、本校体育館にてカンジヤマ・マイムのパントマイムを鑑賞しました。 平成24年度、平成27年度に続き、3度目の来校です。楽しいお話で惹き込まれ、身体 動作の技術の高さに心をつかまれ、驚きと笑いに満ちあふれた舞台で想像力をかき立てられました。 また、客席全員が参加できる指の体操や、舞台参加のコーナーもある一方、生徒たちに向けて将 来の進路選択に当たっての強いメッセージもいただいたり、パントマイムの真骨頂、言葉のない 直感に訴えかける演目もあったりと、最後まで飽きることのない素晴らしい時間となりました。

カンジヤマ・マイム 公式サイト        



 平成29年度 古典芸能(落語)
 10月24日(火)、本校体育館にて「林家たい平の愉快な落語会」が行われました。
最初に今注目株の二つ目、桂宮治さんによる落語解説が行われ、今まで落語に触れたことのない生徒にも笑いを交えて分りやすく説明してもらいました。続いて鶴の名前の由来についての落語「つる」を披露され、大爆笑の渦に。次の登場は色物、太神楽曲芸の鏡味味千代さん。いきなりの「五階茶碗」、まさに神業と言える曲芸に、生徒からは大歓声。伝統芸の傘回しもあり、会場は大いに沸きました。 そして真打の林家たい平さん。出演されているテレビ番組や本校体育館のスリッパなど、身近なネタから一気に会場全体を引き込み、最後に古典落語の「初天神」を披露され、会場の盛り上がりは最高潮。
 とても有意義で笑いに包まれた時間となりました。

林家たい平オフィシャルページ        



 平成28年度 本校40周年記念式典などにより実施せず